ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇治
2006年10月04日 (水) | 編集 |
京都には世界遺産がたくさんあります。
いくつあるかご存知ですか?17個もあるんですって。
これを全部1日で巡ろうとした人が夫の知り合いでいるそうですが、2個回った時点で挫折したそうです。勿論、隣接してるのもあるのですが、比叡山延暦寺とか宇治も含まれるし、1日ではちょっと難しそうですね。

我が家も折角京都に縁があったので、この機会に全部制覇することにしました。なんて、そんなのでも決めないと、毎週末ケーキ屋巡りをさせられそうな夫が言い出した目標です
もちろん、住んでいるので、「1日で全部」ではなく、「ひとつを1日で」ぐらいのペースでゆっくりと。でも最後の方でバタバタせずに!ということで。(ロンドンの時はそうでした、最後の1ヶ月になって、コッツウォルズやら、湖水地方やら・・・ちょっと詰め込み過ぎて勿体無かった。)

ということで、まず清水寺。
そして(私と娘のみ、親が来た時に、二条城と金閣寺は回ってしまったのですが)一応第2弾として、宇治を訪れました。

宇治上神社、と娘に10円玉握らせて見せた平等院鳳凰堂。
と2つ制覇できたのも、
予定外で寄った源氏物語ミュージーアムが、夢中で読んだ「あさきゆめみし」を
懐かしく思い出させてくれたのもよかったのですが

なんと言ってもよかったのは、やはり、抹茶です。
正確に言うと、抹茶の甘味。冷菓。です。

まず最初に「伊藤久右衛門」を訪れました。
ここで、にしん茶そばの後に食べた、抹茶パフェ。その抹茶のゼリーといったら。上品て、芳しい。ってこういうのを言うのでしょう。
洋菓子でも抹茶を使うけど、これほどの抹茶のよさを感じたことはありません。ソフトクリームの濃厚さにも感激。
そして、観光の最後に「中村籐吉」の平等院店へ。(こちらは新しくて、川が眺められてよかったですが、本店も趣があってよさそうでした。)
こちらでは、生茶ゼリイ(抹茶)を頂きました。ああ、美味しい。幸せ。
正直、和菓子って「結局のところ全部があんこもの」という平坦なイメージで、あまり興味がなかったのですが、おいしいものは凄いのですね。ホントの意味で京都が楽しみになりました。

私はどちらかというと、前者のパフェのゼリーの方が好みですが、いずれにしても、また食べに行きたい!という満足なお味にで会えて満足な1日でした。

結局はケーキ屋めぐり、のようなもの?私の観光って。と思いながら、でも、今後は和菓子も入って忙しくなりそう!?です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。