プロフィール

Author:弓 陽子
ル・コルドン・ブルー
パリ校卒業

ロンドン、京都、東京にて
Boudoirブドワール
ママとこどもが参加できる
お菓子教室 を約10年間 主宰

岩手県の人気ウィーン菓子店で
一年程パティシエールを経験

現在は〜
BOOKSforCOOKS
(ロンドン ノッティングヒルに
実在するcafeであり、
教室でもある・・・
料理本専門店)

2017年に東京オープンに向け
行動中です!

いままでも、
これからも、
いつまでも、
ケーキを通して人と繋がり、
また、人と人が繋がるお手伝いをしていけたら幸せです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2016年09月21日(水)
私の原点

 
英国展に先日行きましたが、
その少し前に、ビューズ
のフードスタイリストさんに教えて貰った
表参道のFRANZÈ & EVANS
で食べたケーキがどストライクでした。
201610010041086c5.jpeg

そもそも、私がお菓子作りを始めた時に
大好きだった本は、渡辺みなみさんのアメリカのお菓子の本。

またバナナケーキもよく焼いては人にあげたり、
会社に持って行ったりしてました。

でも、ケーキと言えば、やっぱりフランスかな?なんて
で、パリにも何度も行き、コルドンブルーで学び
ヘミングウェイの『移動祝祭日』のように
私の基盤となったわけですが。

ベイクばやりの昨今、
なんだか自分の中の
フランス菓子に対するときめきとは違う懐かしい感情に
妙に惹きつけられるのは、こんなケーキだったりします。

私の原点かな?

で、キャロットケーキを久しぶりに。
でも初めてのレシピで。
これまた、どストライクでした!

これも教室にいいかも⁉︎
201610010041183b1.jpeg
スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。