プロフィール

Author:弓 陽子
ル・コルドン・ブルー
パリ校卒業

ロンドン、京都、東京にて
Boudoirブドワール
ママとこどもが参加できる
お菓子教室 を約10年間 主宰

岩手県の人気ウィーン菓子店で
一年程パティシエールを経験

現在は〜
BOOKSforCOOKS
(ロンドン ノッティングヒルに
実在するcafeであり、
教室でもある・・・
料理本専門店)

2017年に東京オープンに向け
行動中です!

いままでも、
これからも、
いつまでも、
ケーキを通して人と繋がり、
また、人と人が繋がるお手伝いをしていけたら幸せです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2016年08月27日(土)

 


大学の修了式がありました。
縁あって、お世話になった先生方に
ビスキュイサボワを焼かせていただきました。
型はクグロフですが(⌒-⌒; )



やはり縁あって学ばせて頂いた
パリセヴェイユ、京都のオ・グルニエ・ドール。

私のパリ始めだった『パリのお菓子屋さんガイド』の大森由紀子さんのレシピ。友人が書いたオーボンヴュータン『フランス郷土菓子』から。

また、友人のお誘いでカスレディナーご一緒した藤野真紀子さんの本からと。ご縁のある多彩なレシピで作り、卒業制作のようでした(笑)

そして、大学で「砂糖」についても
改めて考える機会を頂いた先生には
代用甘味料で。いい勉強になりました。

この半年で得たのは、
人生、ケーキみたいに甘くないという事実(笑)

けれど、色んな素材が合わさり、美味しいケーキになるように、色んな個性が集まると、未知の個性が引き出され、単体よりも味わい深くなる。
という実感。
また、そんな場所を作りたいという新たな決意。

そして、心から応援したい仲間達。

そんな私達の門出に、ご出張先からや
遠くは沖縄からも駆けつけて下さった
また、沢山の花を贈ってくださった先生方との出会い。(私自身、そうありたいと思います。)

本当に沢山、ありがとうございました。
今後とも、
お逢い出来る機会が続いていきますように。

スポンサーサイト
 
 
 

Comment


    
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。