ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サロンデュショコラ パリセヴェイユ
2013年01月26日 (土) | 編集 |
IMG_1318.jpg

リベンジゲットした、パリセヴェイユのケーキです。
週末は、もっと並ぶんでしょうね~。

IMG_1314_20130126010358.jpg

広告にも載ってた、今年のアルノー・ラエールさんとのコラボ
軽いマロンにプチシューのビターなショコラが効いて、柚子のインパクト。
この中では、一番好きでした。

普段のケーキでは、日本素材を使われない金子シェフの柚子。

フランス人がフランス菓子に日本素材を使うのは、○
だけど、日本人がフランス菓子に日本素材を使うというのは・・・
というお話、なるほどなぁと

一方で、aokiシェフが抹茶を使うのは、Parisだからまたいいのでしょう。
金子シェフも、Parisだったら、また違うのかな?

なんて、話がそれましたが
IMG_1313.jpg
アルノーさんのお店にもあったパリブレスト
形がなんとも可愛く、我が家仕様?

お味は、まさにParisですね。
12月に、ジャックジュナンさんパリブレストを食べてなかったら
これが一番だったかも知れません。

ジュナンさんの方が美味しかったということではなく、
その日三件目で、頑張って食べたので、その記憶があり・・・もったいない話ですが(笑)

そういえば、今年はジュナンさん、いらしてないんですね。
今気づきました。もう食べられるのは本国だけなのかな?

IMG_1317.jpg
こちらも、アルノーさんのお店で見かけました。
エクレールは、メゾンデュショコラが一番好きですが、
これも、美味しい~、間のキャラメルがいいですね、ホント!

IMG_1316.jpg
そして、金子シェフが一押しだったのは、これです。
なんか、そんな気がしたんです(笑)
買ってよかった~、って美味しさでした。

パイナップルとココナッツって、日本では贅沢感がないけど
コルドンで習ってた時の、
「フランスでは南国が遠いからか、特別なイメージ」
っていうお話思い出します。そういった意味で、パリらしいですね。

ジューシーで、一番驚きのあるケーキでした!




一度に食べたの?4つも!?



IMG_1320.jpg
ちゃんと分け分けしましたよ、4人家族で。
分けても見栄えがしますね!

IMG_1326.jpg
そう、昨日はフランク・ケストナーさんのデモンストレーションに行ったのですが

IMG_1346.jpg
つい、買っちゃったのが、これ。
金子シェフが、今回全部の中で、イチオシ!って言ってたので~つい(笑)

今日も行くの?
ふふ、さぁ、どうでしょう?(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。