ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリセヴェイユ デセールの会 2/5
2011年05月27日 (金) | 編集 |


これこれ。
金子シェフが教室で話してた
「フルーツトマトと青苺のクリスティアン
サラダとシャーベットで、
パプリカとサンギーヌオランジェのビネグレット」

パプリカとサンギーヌオランジェの、今書いても味が蘇る濃厚なソースと
苺とトマトのソルベが上に飾られたフレッシュの苺トマト、そして飴が口の中で一体となり、最後に上の和ハーブ、特に赤紫蘇が香り高い後味となり、
食べた後は、サラダ
なんです。
「神」ですよね~なんて
向かいの方はおっしゃってました。
もう一方の
「ピンクグレープフルーツのジュレとジャスミンティーの香り、ラヴィオリ風で、アジアのエピスのシャーベットと共に」
これも食べたことない~。
次から次へと、色々な香りが…そして香りだけでなくガリっとした隠し味というか食感が微かに奥から出て来たり。
初夏を感じさせる二品に
すでに幸せ感はいっぱいですが、まだまだ続きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。