ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう京都
2011年03月28日 (月) | 編集 |


京都最終日は、
大好きなユンタクメンバー。
仲良くしてくれて、
何度も助けてくれた
六組の親子が集まってくれました。
オムツを買ってくれてたママさん、お米やトイレットペーパーまで用意してくれたママ。
京都にいる時に散々お世話になったのに、
離れてなお、またしても。

幼稚園に入る前から
そばにいてくれた仲間。
一緒に成長して来た子供達。人数も段々増えて(笑)年齢だけでなく、
ほんまにお兄ちゃんお姉ちゃんになった
七名も、もう小学生かぁ
と言うのもあると

気持ち的には、感極まりまくりですが…

ずっと笑顔でした。
楽しくて楽しくて、
愛しくてたまらない
時間でした。

ケーキや美味しいもの
たくさん用意して貰ったり、お祝いのお菓子や
プレゼント頂いたり。

でも1番嬉しかったのは
とても温かな心が
はっきりと見えたこと。
そして、それをたくさん頂いて帰りました。

帰って来て一週間。
心配はまだあります。
でも、その心配を
増やすのも、減らすのも
自分自身。
そして、もう、心配するのはやめようと思います。

娘の病の時、
園の先生がショッキングピンクの服でお見舞いに来てくれた想い出話をしました。
「お母さん、明るい服着ないとあきまへん」と言われました。それは子供の為にとおっしゃてたけど、
自分の為でもありますね。
ママが明るい太陽でいる為に
悼から、自粛や喪を
考えてしまいがちだけど、
こんな時だからこそ、
明るい色や
明るい話、元気笑いを
身にまとい、大切にし、
丁寧に暮らしたいと
思います。

想い出と、そんな気持ちを
思い出させてくれた京都
ありがとう、
おおきに(^_-)-☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。