ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしのコルドンブルー
2011年02月11日 (金) | 編集 |
コルドンショコラ

何年ぶり?
友人のお勧めで、
代官山のル・コルドン・ブルーでショコラの講義を受けてきました。

チョコレートのことなんて、
上級でひととおりやったし、
サロンドショコラや、いろんな講習会やイベントで話を聞いたり
本を読んだりしてるから、改めて行かなくてもいいかな?と思ったのですが

これが、参加してとっても大正解でした。

テンパリングについて、
ちょうど当日、マンディアンの試作をしたばかりなのもあり
また、ママ友達に
いろいろ質問されたのと重なったのもあり
すごく、すんなり理解できました。

やっぱり、理論より実践は大事。
そして、問題意識を持つことは大切ですね。

コルドンショコラームース

他にも、カカオ分の違ったチョコレートムースの食べ比べや
コルドンショコラーガナッシュ
配合の違うガナッシュの味の比較
コルドンショコラ-ショコラ
ショコラテイスティングなどなど

興味深い内容が続き、とっても勉強になりました。
というより、わくわくしっぱなしでした(笑)。

また、チョコレートへの愛が一層募る
ショコラ月間なのでありました。

P.S.テンパリングって温度計絶対必要?
とよく聞かれます。
正解は、「必要ない」
というのも、温度は目安でしかないから。

でもでも、思ったのは、
体温計とおんなじかな?ということ。

子供が熱があっても元気だったり、
逆に熱がなくてもぐったりしてたり。

そういうの、ママだったらぴんと来たりするけど
でも、やっぱりお熱って測るし、数字はわかりやすい。

チョコレートも実は、同じ温度でも状態がまちまち。
それがわかるようになるのは、子供のそばにずっといるように
チョコレートとたくさん接してみて初めてわかるものかなぁと。
素材の声を聞く。ということができるようになるまでは
やはり、あったほうがいいかも。と思います。

そして、同時に
こどもをよく見る。自分の勘を信じる。
その大切さを、
チョコレートをかじりながら(笑)
改めて感じていました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。