ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんでケーキ?
2007年06月08日 (金) | 編集 |
なにかにつけ、「なんでなんで?」を連発する娘に
辟易していたチョット前。

2歳ぐらいになったら、聞いてみるとイイよ。といわれ
「なんでパパとママのところに生まれてきたの?」
と聞いた私に対抗するように、
しばらく、なんでなんでと、そればかり言ってました。

「もーーー、うるさい!」と言いたくなる毎日でしたが、
そんなある日、娘が言ったのは、
「なんで、ママはケーキ作るの?ねぇ、なんでなんで?」

なんでケーキ?の娘の問に、ドキッ。
ふと考えてしまいました。(娘は考えもせずにいってるんでしょうけど)

「なんで私はケーキを作ってるんだろう。」
「何の為に教室をしているんだろう。」と・・・。

そんなことを日々自問自答してた折、
たまたま、目にした女性の起業家セミナーというのに参加しました。

家から自転車で行ける?京都テルサと言う場所で開催なのと
無料で丸1日託児がある、という好条件で飛びつきましたが
朝10時から5時までの6日間はとてもハードで、濃い日々でした。

でも、お陰で、なんでケーキという娘への答えみつけました。

「食べたいから」「好きだから」
「もっと美味しいケーキをつくりたいから」

それもあります。忘るべからずの初心は、まさにそれです。
でも、私が今ケーキを作るのは、

「笑顔を作りたいから」です。

ケーキは私の目的でなくて、ツールです。
本当に作っているのは、笑顔、でありたいと思ってます。
教室はそれの分かち合いだと思ってます。

そして、感謝しているのは
ケーキを通してのたくさんの出会いです。
今日も、上に書いた女性起業セミナーで知り合った方々を中心に、
ホテルリッツカールトンでディナーをして来ました。

20070609084244.jpg


最高格付ホテルでの料理はデザートまでとても美味しいものでしたが
ケーキをやっていたことで、またたくさんの方とお会いできたのは
とても嬉しいことでした。

たまには贅沢な時間というのもいいものですね。
いつか教室に来ていただいたママ達とも一緒に、
優雅なディナーできることを夢見てます。
ご一緒してくださいね!!

さてさて、
ちなみに、なんで生まれてきたか?の娘の最初の答えは
「寂しかったから。」
2度目は、「可愛がられる為に生まれてきたの。」

こちらにも、ドキッとしました。
ケーキを通しての笑顔作り、といっしょに
常に心にとめておきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました♪
こどもって、何気ないところで真髄を付いてきますよね。あたり前だと思って、気付いていない大切なことって、本当は一番大事にしなければいけないことなのかも知れませんね。
それと、誰かと出会うことによって、また気付きや勇気を頂けるんですよね♪出会いってすごいですね!
昨日は本当に素敵な夜を、ご一緒頂いてありがとうございました。また新たに素敵なことが起こりそうな・・・そんな気がしています☆
2007/06/09(Sat) 21:53 | URL  | misato #-[ 編集]
本当に・・・
misatoさん、こちらこそ、先日は素敵な夜、ご一緒できて嬉しかったです。
ありがとうございました。
子供はホントによく見てますね。
そして、よく心を読まれます。
言葉も大切ですが、70%は言葉以外の部分で伝わる!というのをセミナーでも教わりましたが、
まさに、子供は言葉の理解が足りない分、その割合も大きいのでしょうね。
勿論、神秘的な存在であるのも感じてます。

そして「出会い」は、大きいですね。
感謝し、大切にしつつ、
私もmisatoさんのようにv-10「お城」まで作れたら嬉しいですが、
今は、小部屋で、
貴婦人なママ達の笑顔と出会いのきっかけを作って行きたいと思います。
2007/06/11(Mon) 10:50 | URL  | Boudoir #9Cy9atPA[ 編集]
笑顔かぁ
わかるわ。

私も時々自問自答するんだけどね、
答えはいつも同じデス

自分だけが幸せになりたいってひとには
絶対に他人を笑顔にすることはできないし、
他人を笑顔にすることができない人は
自分が幸せにはなれない

ってことです。
つ、つまりは自分が1番のジコチューなんですが。

私もみんなの笑顔を見ていたいと思っておりマス。


2007/06/11(Mon) 22:40 | URL  | う #-[ 編集]
うsan、初コメントありがとうございます。
ホントは笑顔を作るなんて、おこがましくて、笑顔にさせてもらってるのは、私のほうなんですけどね。
ジコチューでいいんじゃないかなv-413子育ても、それ以外も。
子供を笑顔にしたいなら、ママ自身が笑顔になること。笑顔になれることを探すこと。それが一番だと思います。

ママが自分といてイライラしている。
イライラしてもいいんです。自分の子だから、愛してるから、いらつくのですから。
でも、それを我慢して、笑顔を見せる。
子供は分かってます。無理してママが笑ってること。ばればれです。でも、自分のために頑張って笑顔を作ってくれてる。そこに愛情を感じるんです。
けれども、我慢するのでなく、ママ自身がホントに笑顔になっちゃったら、子供はハッピーですよね?
恋愛におきかえるとよくわかります。
自分のために我慢してくれてる人より、自分といて笑ってくれる人のほうと
私は一緒にいたいと思います。

ケーキが、笑顔のお役に立てたら嬉しいです。ママの、こどもの、そして、お留守番のパパの笑顔もお持ち帰りくださいね。
2007/06/12(Tue) 08:27 | URL  | Boudoir #9Cy9atPA[ 編集]
笑顔
子どもさんが小さい内こそ、本音で気持ちを伝えられる素晴らしい時間かな、と思いました。ケーキというtoolをお持ちで、又それをママとお子さん方にお伝えになれるのは、素晴らしい事ですね。
私もお客様に笑顔で楽しんで欲しい、と思って仕事しています。この頃、その為には自分も心から楽しんで笑顔でいたい、と思います。
2007/06/12(Tue) 09:18 | URL  | アイリス #bsIhNgXo[ 編集]
アイリスさん
コメントありがとうございます。
そうですね、自分がまず楽しんで笑顔でいたいですね。いつもアイリスさんとお話するときは、自然と笑顔に&元気になっちゃう私です。v-290
2007/06/12(Tue) 23:26 | URL  | Boudoir #9Cy9atPA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。