ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたに会えてよかった
2009年03月23日 (月) | 編集 |
3月は別れの季節。
娘のお友達も何名か、新しい地へと移ることになり、
お別れの会が続いてます。

私自身、何度か転校生をやりましたが
そういう星の下に生まれているのか、娘が生まれてからも
毎年という感じで3度の大移動。
行く先々で、素敵な出会いも多く、お友達も増え、得した気分もありますが
やはり、別れの寂しさを味わうことも避けられず・・・。

そして、縁あって、過ごして2年半以上という京都も
いつか去る日がやってくるのだなぁ・・・と。
単純に一番長く過ごしたというだけでなく
いろんなことはあったけれど、
毎日が温かすぎて、とても居心地がよすぎて、
頭ではわかっていても、実際そういう日が来たら
ひどく動揺してしまいそうです。

家族、一部屋で寝ています。
なんだか、4人で停泊してる船の中にいるような・・・
そんな気分になる夜があります。

いつかまたこの船は違う土地へと動き出すのだなぁと。

どこへ行っても、この4人は一緒なんだなぁと
家族の絆を感じるとともに、ふと
けれど・・・この4人もいつか離れる時がやってくる。
そんなことに気付きました。

あたりまえだけど、あたりまえに感じてない日常。

京都の日々を、友人との時間を、家族との毎日を
いつくしんで、過ごしたいと思う・・・別れの季節です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
別れの季節ですね
3月は旅立ちの多い季節ですね。

幸い京都は観光地ですから、引越し後も旅行で来京して再会する率がわりと高いのが救いかな。

私はたぶん、この土地で生涯を過ごすと思います。

ということは、いつでも送る側であり、迎える側なんだなぁと改めて思いました。

貴女もいずれは京都を去るのかと考えると、とても寂しいですが、今は考えないようにして過ごしています。



2009/03/26(Thu) 23:00 | URL  | うゐのです #-[ 編集]
うゐのさん
そうですねー、あまり考えず、でも忘れず・・・。

ずっと若いころはどこかへ行くと、とても精力的に動いてました。
ある程度、歳を重ねると、意外にまた同じ場所に来れてて
「また来ればいい」と楽しみ方が変わりました。

ただ失われてしまう時間というのも知りました。
来年も、5年後も、10年後も京都に来れても
今こうやって住んで味わうのとは、景色も変わるのでしょうね。

なので、「今」を大事にしつつ
未来の貴女に会いに来るの、楽しみにしてますv-392
2009/03/27(Fri) 22:42 | URL  | boudoir #9Cy9atPA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。