ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鏡開き
2008年01月12日 (土) | 編集 |
1月11日、鏡開き。
今年は、ぜんざいを作りました。
IMG_1120.jpg


ぜんざい、といえば・・・
お正月のテレビ番組で、和力?だったか、そんなクイズ番組をやってて
まるで、京都検定のように、京都がいっぱい出てきて
帰省先だったのもあり、夫婦で「京都、京都」と興奮して見ていたのですが
(きっとどこへ行っても、そうなんでしょうね。)

そこで、ぜんざいとおしるこの違い、というのが出てきました。

以前は、あずきの豆が入って汁が少ないのが、ぜんざい
粒が入ってない(汁だけ)のが、おしるこ

と理解していたのですが、ちょっと違ったようです。

そういえば、三笠でお気に入りの「下河原阿月」に入った時に
娘に、上のように説明してたら、お店のおじさんから
「ちゃう(違う)」と、つっこみが入りました。

ぜんざいも汁があるし、どちらも粒入ってると言われたのですが、
違いがいまひとつわからずにきょとんとしてしまった私に
「おしるこのが甘い。ぜんざいはさっぱりや。」と一言。

それでが食べるしと、「ぜんざい」をお願いしたら、
出てきたのは、ちょろちょろっと小豆の粒が入ってはいるけど、
どちらかというと、わたしの知ってる「おしるこ」でした。

そして、番組で紹介されたのは、
「おしるこは粒餡やこしあんを水で汁にして作るのに対し、
ぜんざいは、餡そのもので作る。」
ということでした。

あれ?じゃあ、やっぱりお店で食べたのは「おしるこ」じゃない?
(確かに、粒があるなしは関係ないようだけど)
と思いましたが、どうやら、それは地方によって違うということらしいです。
で、納得。

桜餅のように、関東と関西で違うのですね・・・。

ということで、ホントは餡で作りたかったのですが・・・
お手軽に、あずき缶に水を加えて、レンジでチンしたお餅を乗せて・・・。

なので、これは関東では、「おしるこ」だけど
ここ、関西では「ぜんざい」ということでいいのかな?ん?

おしるこでも、ぜんざいでもいいから、
今度は、金箔がのった豪華な、の、食べに行きたいなぁ・・・。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。