ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都のお正月(準備編)
2007年12月31日 (月) | 編集 |
ケーキ三昧のクリスマスから、いきなり和なお正月モードへ。

帰省土産は何にしよう?京都らしいおいしいもの・・・。
いつも楽しく頭を悩ますのですが、今回は早々に決まっておりました。

もちろん、人気の「阿闍梨餅」(今日も伊勢丹で長い列が出来てました。)
お約束な定番「八ツ橋」も喜ばれるのでしょうが
日持ちがしないものが多々。
美味しいものたくさんのお正月中よりは、
ちょっと後にでも食べてもらえるものがいいかな?と。

そこで選んだのが「味噌松風」というお菓子です。

このお菓子をだしてるところはいくつかあって、
有名どころでは、松屋常盤、松屋藤兵衛もあるのですが
今回買ったのは亀屋陸奥
賞味期限が10日間で実家まで配送も出来たのでこちらにしました。
お味はどう違うかというと・・・食べ比べる時間がなかったのでそのうち

そして、お正月といえば、「おせち」
毎年どちらかの実家で年越しなので、作ったことないのですが
今回はいるので挑戦!といっても、2日に帰省予定。
そこで・・・ちょっとだけ作ることにしました。

さて、何を作ろう?と迷った挙句、
三種の祝い肴といわれるものを作ることにしました。
黒豆(早々に丹波の黒豆を購入してたのもあり)
田作り、そして関西ではかずのこではなく
たたきごぼうにすることが多いというこで、その3つ。

それから、「棒鱈」を煮てみることにしました。
棒鱈?ってなあにそれ?私もこちらに来るまで全然知りませんでした。

やはり京都に来て初めて食べた感動の「えび芋」を料理してみようと
色々調べてたら、この「棒鱈」と煮るというのが定番と知り、
買いに行ったら、とても高くてびっくり!戻すのにも1週間かかる・・・。
下手に調理するよりはと、初めは
いもぼう」というお店で頂きました。美味!
IMG_0692.jpg


そして、おせちに入るものだというのを最近知り、
店頭にも戻したものが売っていたので、手を出してみました~。

さて、お味はどんなでしょう?また明日・・・、ん?来年?

もうあと20時間、きりましたね~2007年も残りわずか。

今年一年、お世話になったみなさま、ホントにありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。