ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2番目のタルト
2007年10月13日 (土) | 編集 |
20071013110117.jpg


紅玉で焼きましたー。
そうです、今週のお教室で迷ったもうひとつのタルトです。

こちらも、私は大好き。捨てがたかったんですが
(捨てるわけではないですね、またリクエストがあればやります!)
今月の教室では、紅玉にクリームチーズをあわせたものの方を
作ることにしました。

先日、東京から来た友人ママにそのタルトをお土産で渡したところ
京都で6年そば修行をされてるというお父様からも
甘みをお褒め頂き、何を使っているのかと、ご質問をいただりして
ご好評だったので、そちらに決めました!

ちなみに、質問の答えですが
「和三盆」とでも言いたいところですけど
特別な材料は使ってません。砂糖もふつうのグラニュー糖。
教室に来る人が近くのスーパーで買えるものにしてます。
ただ紅玉の酸味が、甘みを緩和し絶妙にしてるのでしょう。

さて、タルト生地というと、大きく分けて3つあります。

上の写真は、リンゴを生かしたシンプルなもの。
パータブリゼという甘みの少ない生地で作ります。
それから、フィユタージュ、いわゆる本格的なパイ生地があります。
タルト生地以外にミルフォイユに使ったり、ガレットデロアという
新年に食べるお菓子にも使いますね。

そして、今回教室でやるのは、パータシュクレ
シュークル(砂糖)の多い生地です。
クッキーとしても使用できるし、
カスタードを詰めたり、先日のモンブランの土台としても使えるので
まず最初にやることにしました。

今月は満席となりましたが
また来月6日か7日に開催する予定です。
ご希望の方がいらっしゃったら、ご連絡くださいね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
美味しそう!!!
特別な材料は使っていない・・・ケド、愛情は山ほど・・・テンコモリv-354
な、yokoさんの創出する数々・・・v-274v-353
やはり、誰がなんと言おうが、v-254パティスリーyokov-254でしょうv-10
来月、是非宜しくお願いいたしますv-421
2007/10/18(Thu) 03:09 | URL  | オードリー #/pdu0RA.[ 編集]
オードリーさんへ
ありがとうございます。
愛情はもらわないと、なかなかケーキに注げません。(笑)
私はいつもまわりのママ達から
たくさん、愛情をもらってますよん。
食べてくれる人がいるから、一緒に作ってくれる人がいるから、教室をさせてもらってます。
ありがとうございますv-398
来月、お待ちしてます!
2007/10/18(Thu) 23:51 | URL  | boudoir #9Cy9atPA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。