プロフィール

Author:弓 陽子
ル・コルドン・ブルー
パリ校卒業

ロンドン、京都、東京にて
Boudoirブドワール
ママとこどもが参加できる
お菓子教室 を約10年間 主宰

岩手県の人気ウィーン菓子店で
一年程パティシエールを経験

現在は〜
BOOKSforCOOKS
(ロンドン ノッティングヒルに
実在するcafeであり、
教室でもある・・・
料理本専門店)

2017年に東京オープンに向け
行動中です!

いままでも、
これからも、
いつまでも、
ケーキを通して人と繋がり、
また、人と人が繋がるお手伝いをしていけたら幸せです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2009年02月14日(土)
バレンタインデー

 
まだ書ききれてないサロンデュショコラですが、
(また余裕ができたら、振り返りつつ報告したいと思ってます。)

そうこうしてるうちに迎えたバレンタインデー当日。

娘と一緒に、お世話になっている方々に
感謝の気持ちを込めてチョコレートを作り、
ショコラな日々終焉となりました。

IMG_0339.jpg

ラズベリーとマンゴーのブラウニー
それから、京都らしくお抹茶と胡麻をあしらったボンボン。

私は妹ちゃんを抱いて、指示をだすばかりでしたが
お姉ちゃんは時折授乳で中断するのにぐずりながらも
がんばって作ってくれました。

そして、おじいちゃんや、おじさん。
本命の彼(?笑)や大好きなお友達親子と
大本命のパパにプレゼント
IMG_0341.jpg

メッセージには
「いつもはたらいてくれてありがとう。
おかげでほのかはごはんがたべられます。」

まではいいのだけど、後半

「これからもがんばってはたらいてきてください。」

ん?これって「働け」っていってるような・・・(苦笑)

親の私の言葉を真似してるのでしょうね。
(主人に働けっていってるわけじゃないですよ。)

娘を褒めたときに、きっと、
「またがんばってね。」とか「こんどもがんばってね。」とか。

よく、叱る時に、「前にも・・・」や「いつも・・」「また・・・」って言わずに
その時のことだけ叱った方がいいと言われるけど
褒める時や感謝する時もそうだなぁ。と。

めいいっぱい褒められて嬉しかったら、
言われなくても、またがんばるものだものね。と思ったバレンタインデーでした。

でも、また来年も作ろうね(笑)

スポンサーサイト
 
 

2009年02月01日(日)
オ・グルニエ・ドール(サロンデュショコラ)

 
オ・グルニエ・ドール
西原金蔵氏のデモンストレーション。
IMG_0212.jpg

彼の新作は柚(ゆう)
ゆずを使ったボンボン、ピールと生キャラメルをいただきました!
IMG_0213.jpg

香り高くもやさしく上品な味わいも幸せでしたが
「地産地消」と言う事で
地元KBSとのコラボ。

柚子名産の水尾の話や、
いつもの講習会同様科学的に香りをいかにお菓子に生かすかの話は
とても勉強になりました。
又講習会にも参加したいなぁ…
そちらは子連れというわけにはいかないので
哺乳瓶練習に明日から励もうと思うのでありました。

P.S.同じ客席の中にお菓子を作る人にとってバイブルと言える
お菓子のこつと科学」著者の河田昌子さんがいらっしゃったのもびっくり!
IMG_0215.jpg

(西原シェフがご紹介下さいました。)
新しいものも出されるそうなので、これまた買わねばと思います~。

P.S.2 あっという間に売り切れてしまった「柚」買おうと思ったら手に入りませんでした・・・
やっぱり人気ですねー。
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。