ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
ラデュレ
2008年09月30日 (火) | 編集 |
パリで私が一番好きなマカロンは
何といっても老舗の「ラデュレ」

ピエールエルメといい、サダハルアオキといい、
どんどん日本にも店舗展開する中
ラデュレも来るといいのになぁ・・・と思ってたら、三越に入るらしいという噂。

でも、交渉がうまく進んでないとかで噂の割には中々開店せず・・・。

ところが今年ようやく銀座三越に入った・・・というので
ずっと気になってました。

そんな折、東京出張へ行った夫が買ってきてくれました!
IMG_2525.jpg
ドキドキしながら開けると・・・
IMG_2527.jpg
「キャー綺麗!」
騒いでいたら、娘が寄ってきて
「今日赤ちゃん生まれるの?」と。
実は、散々食事制限してた前回の妊娠時、出産の時だけは
「何食べてもいいわよ!」と助産師さんに言われ、
めずらしーく、パリへ、やはり出張した夫が買ってきた
このラデュレのマカロン持参で助産院へ行き
陣痛の合間に頬張りながら、長女を産んだのでした。

その話をしてたものだから、娘はびっくりして泣き出す始末。
「まだ大丈夫だよー。」となだめてから
お皿に並べました。
IMG_2530.jpg
外側上から反時計回りに
CEDRAT
MARON マロン 栗
FRUIT ROUGE フリュイルージュ 赤いベリー
NOIX DE COCO ノワドココ ココナッツ
PISTACHE ピスターシュ ピスタッチオ
CHOCOLAT ショコラ チョコレート
CAFE キャフェ コーヒー
PETALES DE ROSE ペタルドロゼ 薔薇の花びら
PRALINE プラリーヌ プラリネ
CARAMEL キャラメル 
内側が同じく
FRAMBOISE フランボワーズ ラズベリー
VANILLE バニラ
CITRON シトロン レモン
FLEUR D'ORANGER フルールドランジェ オレンジの花

全部食べるの?え?食事制限は・・・?

もちろん独り占めなんていたしません。
美味しいものはみんなで食べた方がよりおいしいですものね

(ただただ、一番最初の CEDRAT は柑橘系のフルーツ?のようですが
辞書を引いても分からず・・・で気になるので、自分で食させていただこうと思います!)





スポンサーサイト
ちゃんと和食
2008年09月29日 (月) | 編集 |
20080930004010
妊婦食と言う事で、日々和食中心、
しかも減塩、
ノンオイル(エキストラバージンオイルと胡麻油は少量使ってますが、
他はだしを油に見立ててます。)
の食事作りをしてますが、
やはりそればかりだと

「あんまり味がしない…」
と娘に不評なので、
たまには食育も兼ねてきちんと作ってみようと、
写真の本を参考にしてみました。

作ってみるまでは、
面倒臭い…と言うかテマヒマかけたり、
贅沢な作り方かと思ったら
そうでもなくシンプルで取り入れやすかったです。

「伏見唐辛子とじゃこ」をまず炊いてみました。
(妊娠&授乳中よく採るよう言われた青菜が高めなので、
今安い伏見唐辛子や満願寺をよく買います。娘も大好きな京野菜です。)
そしたらいつもに増して食べのいいこと。

たくさん載ってる胡麻合えから
「胡瓜の胡麻合え」も作ってみたら、
酢が入ってたのがよかったのか、売れ行きがよかったです。

「おあげの甘煮」も常備菜的に何度か食卓に並べた後、
水とだし醤油を足して火にかけて
冷凍のほうれん草を入れてひと煮立ちさせてみたら
手早く美味しい副菜に変身しました。

明日は月末。
「きらず」と言っておからを食べます。
豆腐と違って切らないで食べられる事から、
又親しい人との縁が月が変わってもきれずに続くように…。

今月はこの本の作り方で作ってみようと思います。
運動会
2008年09月27日 (土) | 編集 |
IMG_2481.jpg
今日は娘の通う幼稚園の運動会でした。
そして、5月にお休みして以来、はじめての登園。

園のご配慮で私たち家族にもお席を作って頂き、
親子で応援に行きました。

とても温かく迎えていただき、IMG_2422.jpg
最初は、応援席でお友達を見守っていたのですが

IMG_2517.jpg
最後には皆さんの列に入れていただき、
一緒にミッキーマウスのマーチを踊りました。
(長らく休んでいましたが、結構覚えていたようです。)

その姿に、また涙・・・してしまいました。

先生方はもちろん、
声をかけてくださったお友達や、ママもたくさんいて
本当にありがたくてたまりません。

来月より少しずつ復帰する予定ですが、
どうぞよろしくお願いします。

一緒の幼稚園の皆さんに・・・
そして、最後に園児たちが拝んでいた、ののさまに
そう呟きながら、私も手を合せました。
ショコラフランス屋
2008年09月26日 (金) | 編集 |
20080926222548
京都へ来て初めて行ったケーキ屋さん

家から歩いて2分、と言う超ご近所だし、
昔ながらの商店街のケーキ屋さんより
(そういうお店でももちろん美味しかったり、有名店もありますが)
ちょっとおしゃれな感じだったからだと思います。

1年前にリニューアルして、外観はより一層私好みになりました。
でもそれ以来行った事はありませんでした。

が、今日娘と土砂降りの雨がやむのを待って再訪。
1周年記念で、今日明日2割引のチラシが入っていたからです。
お散歩がてら寄りました。

秋らしく、写真のモンブラン栗のティラミスを購入。
栗のクグロフ!にも惹かれましたが、
大好きな、実際のアルザス地方の醗酵菓子でなかったので思い留まりました。
(もしそうで、買ってたら、買い過ぎですよね・・・)

さてケーキの方のお味は、
甘さ控え目で食べやすいと記憶してましたが・・・
大振りなのに結構しっかり甘め。食べ応えありました。

ロールケーキやプリンも美味しそうだったので、
又産後どうしてもケーキが食べたくなったら・・・走っちゃうかも知れません。
肘内障
2008年09月25日 (木) | 編集 |
20080926002709
夕飯の支度をしてると、
娘がぎゃ~と泣き出しました。
主人と遊んでたので、慌てるでもなく
呑気に「どうしたの~?」なんて感じだったのですが
(T-T)やみません。

立ち上がるのを主人が手を引いた途端の騒ぎ。
さほど強くでもなかったらしい…のですが。

とりあえず冷やそうと写真のアイスノンを当て
「そうだ!」と娘のおもちゃのマジックテープ包帯で留め、
我ながら「ナイス☆☆☆」
お医者さんごっこ好きな(実体験伴ってるので用語がリアルですf^_^;)
娘も喜んで泣き止むかと…思ったのですが
益々泣き声は大きくなるばかり…。

薬も服用してるし、何か副作用でもないとは言えない…と、
連絡して入院してた病院に連れて行きました。

「わぁ痛いねぇ」と
来てくれた夜間救急外来の先生が、
サラっと手を持って持ち上げ…
「もう治ってると思うんだけどどう?」
(親もえっ?いつの間に?という感じの瞬間技でございました。)

しばらくは興奮で泣いてましたが、
どうやら痛くは無くなったよう…

肘内障、いわゆる脱臼との事でした。

もっと幼い2才くらいの子供にあるのは知ってましたが、
実は成長著しい幼稚園児に多いそうです。

心配して覗きに来てくれた小児科の先生方にも
「本来の病気とは関係ないね~。」と笑って言われたように、
入院してたから(運動不足だから)と言うわけでもなく、らしいです。

ちなみに鉄棒も両手ならO.K、
片手は角度に寄っては外れる事もあるらしいです。
もっともうちみたいに親の引っ張りが大多数らしいですが…。

明日からの娘の病院ごっこには、
このシチュエーションと
「だっきゅう」という用語が加わる事でしょう…。
かき
2008年09月24日 (水) | 編集 |
kaki_maekawawasejiro.jpg

昨日、お昼ごはんを食べていたら、
娘に唐突に

「ねぇ、ママはどうしてパパと結婚しようって決めたの?」

と聞かれました。
「え?」何故いきなりそんなこと、と思いつつも
「パパのこと、好きだからよ。」と答えました。

まぁ、そこまではそんなにびっくりしなかったのですが、
次の質問は

「パパとママって最初は友達だったんでしょ?」
「・・・うん、まぁそうね。」
「それが友達じゃなくなったのっていつ?」

「・・・」
「どうしたらふうふにまでなれるの?」
「・・・」
「どうしたらともだちからふうふにまでなれるの?」

最近はホントにドキッとさせられることも多いです。
(主人に言ったら笑ってました。
「きっと大好きな○○クンと
どうやったら結婚できるかって思ったんじゃない?」かと)

かと思えば、今日一緒に自宅(3階)までの階段を登っていた時のこと。

途中の2階のお宅には、ドアに柿のオブジェが飾ってあるのですが
(いつも季節感あり、素敵だなぁと楽しませてもらってます。
我が家もハロウィーン
クリスマスぐらいはリースとか飾りたいものです。)

それをじっと見ての娘の発言。

「Rちゃんて、まだかきほいく行ってるんだね。」
「え?」
「だってドアにまだ”かき”があるでしょ?」

残念ながら参加できなかった夏休み中の幼稚園の夏季保育。
娘は、おともだちみんなが何をやっていると
思いを巡らせていたのでしょう・・・。

やっぱりまだまだ可愛い年ごろですね。

4歳児、あまりに続くおしゃべりに閉口してしまう時もあるけれど・・・
おもしろい会話で楽しませてもらってます。

お百度参り
2008年09月23日 (火) | 編集 |
IMG_2399.jpg
娘が入院してる間、たくさんの方が回復を祈り
神社やお寺に足を運んでくれました。

ほんとにありがとうございます。

特に仲良くしている友達ママ達は、
京都で有名な「釘抜き地蔵」というところまで足を運んでくれました。
お陰様で、最初は大変だった治療も、比較的順調に進めることができました。
そちらには、退院した日にすぐにお礼参りに行かせていただきました。

また、娘がお世話になっている幼稚園の先生方は
やはり病気の平癒で有名な「石切劔箭神社」まで(遠く東大阪まで)行き
お百度参りをしてくださいました。
(ホントにいい幼稚園に通わせていただいてると、感謝を通り越して
親としては感動してました。)

秋分の日の今日、そちらにお礼参りしました。

そして、退院のお礼と完治を祈りつつ、お百度参りをしました。
(妊婦の私は朝歩いてるぐらいですが
娘を抱いての主人は、相当大変だったと思います。
でも、娘にもやらせたいということで頑張ってくれました。)

後半は、心配し、また応援してくださった一人一人のお名前とお礼と
その方への思い(娘の友達の健康や、同じ妊婦さんなら安産など・・・)
を心で唱えながらお参りしました。
なんだか、涙が出てきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、そしてその後は
東大阪にあるお気に入りの「パティスリーリョウコ」へ。

え?やっぱりケーキですか?
いえいえ、お世話になった方々へのお礼にと思って買いに寄ったのですが・・・
IMG_2404.jpg
写真のボードしか残ってませんでした・・・。

でも、私がこの店で一番好きなケーキでもあるこのケーキとマカロン買えてよかったです。
(私が全部買い占めてしまい、その後次々と入って来たお客様、ごめんなさい状態でしたが・・・)

しばらく存分にケーキを焼けない(存分に食べられない?)私ですが
そのうち、また一緒に楽しめる日を楽しみに・・・。
どうぞ、またおつきあいくださいね。


「安心ごはん」
2008年09月22日 (月) | 編集 |
20080923014400
ケーキやらパンが続きましたが、
妊娠糖尿病の疑いが晴れたとは言え、
体重が増え易い時期(今日から9ヵ月!)
引き続き食事には気をつけて行きたいと思います!
菜食中心控え目な量と言うのはもちろんですが、
(ケーキもほどほどにしますが…)
もうひとつ気になるのは残留農薬や食品添加物。
そこで図書館で写真の本を借りてみました。

東京では、助産院も使ってた「大地宅配」を利用してみたりしましたが、
なかなかいいお値段になるので、
無添加や無農薬も扱いながら比較的手頃な「パルシステム」を使ってました。

ロンドンにいた間は
オーガニックとそうでない商品が、両方同じスーパーにあり、
やや高めぐらいだったのでオーガニックを選んで買ってました。

ホントは今も有機栽培のものを買いたいけど、
やはりお値段が張ります。
出来るだけ国産を選んでますが、
他にこの本にあるように、選び方、下処理、調理法で随分除去出来るんだなぁと
勉強になりました。

茎の長いほうれん草や緑の濃すぎるピーマンは農薬を多く使ってるとか、
人参や玉葱は元々農薬が少ないので皮をむけば大丈夫だけど、
何度も浴びる葉野菜は外葉を取る、流水で洗う他、
切ってから、水にさらす(キャベツの千切り)とか
茹でた方(ほうれん草など)がいいようです。

後、お通じにもいい食物繊維。
体内に入った毒素を外に出す役目もあるそう。

そういった意味でも、
海藻やキノコこれからも多く取り入れていきたいと思います。
旬でお求めやすいし種類も豊富ですしね!
シトロン・サレ
2008年09月21日 (日) | 編集 |
20080920165220.jpg
実は整体帰りにも
寄り道してた「シトロンサレ
こちらも「シトロン(シュクレ)」と言う
よく京都で紹介されるパティスリーの2号店です。

パパと娘へのお土産!と
塩キャラメルのロールケーキと塩キャラメルプリン、
それからブルーチーズのマカロンを買って行きました。
私が一口味見する分にはなかなかでしたが、二人には残念ながら不評。
「しょっぱ!甘い方がいい…」ですって。

プリンはトロトロ
ロールケーキはしっかりした生地&バタークリームですが
塩味キャラメルと合わせるには重いのかな?
又機会あれば1個で試してみたいと思います。

20080921213525

同じお店でランチもしました。
鷄のソテーにしたのだけど、
ランチでなく(他はサンドイッチ、ミートソース、カレーライスだったし)
ワイン片手にフランスらしいメインが食べられる夜がいいみたい。
(豚バラカシス煮、ムサカ、タブレ、カスレ、サラダニシソワーズ・・・
本当はそんなのが食べたかったけど、ランチ時は無理で残念。)

雰囲気はゆったりだし一人客も居やすいです。
子連れもいましたがバギーは担いで上らなきゃだから、大変かな?

又行くなら、夜にぶらりと行ってみたいです。
黒のル・プチ・メック
2008年09月20日 (土) | 編集 |
20080920165332.jpg
今日は検診日!先日の血糖値の再検査結果が頂けます…ドキドキ。

呼ばれて部屋に入るなり
「あ、検査大丈夫でしたよ!安心して下さい。」
(^o^)vやったぁ~。

で、帰り道寄ったのが
黒い「ルプチメック」と言うパン屋さん!
今出川通りが一号店(赤のファッサード!に対しココは黒!)の
京都で有名なブーランジェリー
…綺麗にパンがショーウインドーにケーキのように並んます。

早速、店外(イートスペース)で噛り付いたのは
左上のパテドカンパーニュのプチサンド230円
うーん、美味しい♪
妊娠糖尿病ではなかったとは言え、カロリーの塊。
大きいサンドは気が引けるとこ、このサイズは嬉し!

他、時計回りに
ベニエ136円、胡麻とオレンジ157円、柚子と渋皮マロン168円…購入。
これらはお留守番のパパと娘にお土産!

気になるパンがまだまだあるので
(プチサンドも種類がいっぱい、綺麗色の食パンもテーブルに映えそうです。)
又来ようと思います!
トコチャンベルト
2008年09月19日 (金) | 編集 |
20080920065809
前回、産後のみ使用してたトコチャンベルト
今回は妊娠中から付けてます。

が、なんだか腰痛も酷く、このベルトを考案した
健美サロンに整体受けに行ってきました。

産後きちんと骨盤をしめれば
妊娠前よりスタイルがよくなる!という下心もあってなのですが。
妊娠32週迄の受付でギリギリ。でももっと早く受ければよかった!と思う程その後調子よいです。

施術自体は、骨盤にではなく背骨と言うか首をパキパキだったので正直「あれ?」
術前のカウンセリングでじっくり聞いてくれた割には
(帰り道は足引きづる程膝の痛みも酷くなってたし)
・・・的外れだった気もしました。

けれどそれから何日か経ち、そういえば腰の痛みは無くなったし
(膝も全く)足のむくみも軽くなりました。
ベルトの付け方をきちんと教わったのと
(私はかなり下で付けてました…いいものでも使い方って大事、教わるって大事ですね。)
枕を変えたのが大きいのかも。

もちろん、血糖値対策で、歩いたり、食事気をつけてる
のも関係あるかもですが
他、肌荒れが少し回復して来たのと便秘解消したのは、
お友達が教えてくれたコラーゲン青汁が利いてるのかも・・・
(ありがとう~)
家に遊びに来て貰ったりで,
楽しい時間を持てるようになったのもあるかな?
(助産士さんも女の人は喋らなきゃダメと言ってました。)
気持ちって言うのは大きいですものね。

いずれにしても自分の体をCareする、体の声を聞くって言うのは大切ですね。
サロンで言われた
「痛い筋を延ばしたり、無理に歩いたり、左右差があるからと持ちにくい方で持つ必要はない。
体へのストレスになります。」
と言うのもなるほどなぁ~と。

なので、甘い物も罪悪感を感じないくらい少量食べてます。
ストレスになるので…あはは。
美味しいものに囲まれて
2008年09月18日 (木) | 編集 |
20080918225430

東京の武蔵野市に住んでる頃から
仲良くさせていただいてる友達ママから
娘にカードと、
私の大好きな「オーブンミトン」のケーキが届きました。感激!
彼女からは、入院中に、
私のお気に入りの吉祥寺「アテスウェイ」のスイーツも
差し入れていただきました。

どうもありがとう。

20080918225626.jpg
そして、昨日はなかなか買い物に行けない私に
今、京都伊勢丹でやっている北海道展で、
もりもとのトマトゼリーを、
お友達が並んで買ってきてくれました。

今日も「とんねるずのおかげです。」で
芸能人のお土産ランキングをやってましたが、
これは、去年のベストに入っていて、
でもネットでは完売で買えず
ずっと気になっていたものです。

どうもありがとう。

(おかげです、を今日やってることを
知らせてくれたお友達にも感謝。
和菓子のテレビチャンピオンに引き続き、
今日はテレビに釘づけでした。)

20080918225721.jpg
そして、これは、米粉のパン。
友達ママからの差し入れです。
明日の朝が楽しみです。

どうもありがとう。

(そのうち、米粉のパン教室開催もプロデュースされるということなので
そちらも、楽しみにしてます。
きっとご興味ある方多いですよね?)

やっぱり、おいしいものに囲まれていると、幸せな私。
そして、そんな幸せをくれる人たちに囲まれて、感謝感謝の毎日です。
万歩計
2008年09月17日 (水) | 編集 |
20080917233343
実は、もうひとつの血糖値対策。
昨日のあんずさんのコメントじゃないけど、
朝30分歩いてます。
で、ただ歩いただけでは張りがないので、
百均で万歩計を購入しました。

「妊婦は理想一日一万歩」
と何かにあったので…
それ目指したいところですが、
30分の散歩で(私は大体3500歩ぐらい)血糖値改善したと
いくつかサイトでみつけたので、無理ない範囲で…

でも、一日つけてると、
意外に片付けやら掃除、洗濯なんかで
家にずっといても、さらに5000歩ぐらい
(正確には体の上下運動で歩数ではないかもですが)
案外1万歩近くになってたりします。

まぁ歩数はどうであれ、朝の散歩、いい気分です。
山に囲まれた盆地の京都、
思わず山に朝日昇る感動な光景見られたり…、

なんといっても、お腹の子とのいいおしゃべりタイム。
「緑の葉っぱが綺麗に色づく頃
逢うの楽しみにしてるよ~♪」
なんて話しかけながらてくてく、いい時間になってます。
ヘルシー献立
2008年09月16日 (火) | 編集 |
20080916195326


妊娠後期、
実は血糖値が高めというのが検診で発覚。
原因は・・身辺いろいろあったのもありますが
一番は、「サイダーのがぶ飲み」と思われます。

実はほんとは「ビール」が飲みたくてたまらなかった。
4月生まれの上の子の時には、全くそんな気にならなかったのだけど、
暑い季節。
テレビでおいしそうに飲んでる光景が
やたら目に入ったからかも知れません。

さすがにそれは・・・と、炭酸飲料に走りました。
(アルコールが入ってなかったらいいのか?という感じですが)
食べては戻してのつわりが長引いたのもあり、
すっきりしたいのと、体重も増えず多少カロリーをとってもいいかなと。
ほぼ毎日口にしてました。

前回の妊娠期の方が、教室も臨月までやってたし、
動けなくなる前にと、
講習会にも毎週行ってかなりケーキ食べてたんですけどね。
特にひっかかることはありませんでした。

助産院出産で、食事自体はご指導の元、菜食中心だったし、
一日2時間ぐらい歩いてたし、多少若かったのもあるかな(笑)?
(あと、ジュース類って糖分多いんですよね、
そして多い割に、ケーキとかに比べるとごくごく飲んじゃうから
甘いものを摂り過ぎたという実感が少ない気がします。)

まぁ、そんなんで再検査をしに行きました。
採血三回。
一度目の後、出てきた「ブドウ糖液」というのが、
なんと「サイダー」
吐き気も治まった今は
よく、こんなのすきっぱらにがぶがぶ飲めてたなぁと思います。
それが飲み納めになりました。

それが8日のことですが、20日に結果が出るまでは
なんの指導もなく・・・(今回は病院出産です。)
少し物足りなく感じるので
ネットで調べて、
あと、以前の助産院の資料を引っ張り出して、
ヘルシー生活を送ってます。

今夜のおかずは・・・
・さんまのかば焼き、キャベツたくさん添えて
・妊婦に最適!パパイヤイリチー(チャンプルー?)
・伏見とうがらしとおじゃこの炊いたん
・胚芽押麦入りのカルシウム麦ごはん
・丹波しめじとわかめのおみそ汁


きのこと海藻、小魚は妊婦にいいですよね。
かば焼きのたれは
煮詰めずにそれでキャベツもたっぷり食べられるように・・・。

パパイヤは、高島屋で調理用をみつけ、
オードリーさんに調理法を教わりました。
ほんとは三枚豚でうまみをつけたら、なお美味でしょうが、
少量のベーコンでさらに油を使わず(他もオイルなしです。)
にら、にんじん、しいたけとお出汁で
炒めた、というより炊いた感じですー。
おいしく頂きました。
オードリーさん、どうもありがとう。

母乳にいいそうなので、
生まれた後またみつけたら今度は本格的に作ってみたいと思います!

退院
2008年09月10日 (水) | 編集 |
20080910205049
お伝えしてない方も多かったのですが、実は5月より娘が入院してました。
一時はどうなる事かと思いましたが、皆さんに支えられ、お蔭様で昨日、予想より随分早い形で退院することが出来ました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
まだまだ治療は続きますし、又普段の生活に戻るのも準備体操をこれから始めるような段階ですが、あせらず少しずつ進んで行こうと思ってます。
病棟にはうちの子よりずっと深刻で、又そんな我が子に付き添い頑張ってらっしゃるママ達が沢山いらっしゃっいました。なので私自身は大変だったなんてとても言えません。でも4才の娘にとってはやはりしんどい日々、よく頑張ってくれたと思います。お友達と逢いたい、元気になって又一緒に遊びたいと言う一心で涙しながらも乗り越えてくれた娘、親として誇りに思います。
よくがんばったね。ありがとう。

今回の事では、
我が事のように心配し応援してくれた方々への感謝の気持ちが何より一番大きいですが、「祈り」と言うものが通じた実感と(もちろん親だけでなく皆さんが祈ってくれたからです。)、そして「日常の尊さ」をとても強く感じました。
私たちは幸い娘の命を見つめ又守る(守って頂く)事が出来ました。でも事故や病気によっては、一瞬にして消えてしまう事も…昨日迄側にいた笑顔かなくなってしまう。どんなに辛い事でしょう。そう思うと当たり前と思ってる毎日は決して当たり前ではなく有り難いものですね。
後2ヵ月したら家族も増えます。今回感じた事はずっと大切に過ごし、又その子にも伝えていきたいと思います。