ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
おさらい会
2007年09月28日 (金) | 編集 |
ケーキ作りだけに限らず、ですが
家に帰ってもういちど、と思うと、「あれ?どうだっけ?」
って思うことってありませんか?

まさにそう思ったその時
どうするかってとっても大事です。
何故なら、そう思った時に
調べたり、もう一度やると「ストン」と入るからです。

自分のものになります。

でも、なかなか忙しくってそのままにしちゃうことも・・・。
ついつい、「あとで、そのうち」私も多いです。

そこで、先月の教室でやった、ジェノワーズのケーキのおさらい会をしてみました!

通常は計量などの下準備はさせていただいてるのですが、
今回はそこから始めていただき、思い出しながら、
また、家で作ってわからなかったことを質問してもらいながら
途中、ステップアップとして生クリームの絞りの練習もして
最後まで。

本日は、ご持参いただいた、いちじくを綺麗に盛り付けて・・・。

20070928222550.jpg


パチパチとっても上手にできました。
そして、続けて作ったことで、「そうだったー」&「そうなんだー」と納得顔。
「家でまた作りたい」とおっしゃって帰られました。

昨日も3組の親子に来ておさらい会をしました。

前回の教室のときは、
別室で遊んでもらってたこどもたちでしたが
今回は「やる~」と小さなシェフ気分で一緒に。
わいわいとっても賑やかなケーキ作りとなりました。

わが子もそうですが、
こどもの「やる~」「やりたい~」と
まさにそう思ったその時
も同じく、大事にしたいですね。

そろそろ、こどもの教室も始めたいなぁと構想中の今日この頃。
また楽しそうな計画ができましたら、お知らせしますね。

お楽しみに!!




スポンサーサイト
エコママキッズ(栗の渋皮煮)
2007年09月25日 (火) | 編集 |
本日エコママキッズにご参加いただきました皆様
ありがとうございました。

おかげさまで無事、作れたモンブランですが、
いかがだったでしょう?

詳しくは、いつもながら
ご参加いただいたオードリーさん
とても素敵にレポートしてくれてます。
どうもありがとう!

エコママキッズ主宰の、うゐのママのブログもよかったらご覧くださいね。

夜なべして作っていった丹波栗でしたが、
搾り出した時と同じく、
「わー」と歓声をあげていただき、講師冥利につきます
(そんな言葉ない?笑)

ご参考までに、作り方です^-^

<栗の渋皮煮の作り方>
1)栗(皮も含めて)1kgを水に一晩つけるか、熱湯で数分煮て皮を柔らかくする。
2)渋皮を傷つけぬよう注意して鬼皮をむき、渋皮についている白い繊維などを大まかに取り除く。
3)栗とかぶるぐらいの水、重曹大さじ1を鍋に入れ、沸騰させ弱火で10分程煮る。その間アクを丁寧に取り除く。
4)ゆで汁を捨て、水にさらしながら残っている渋皮についている白い繊維や黒い筋を竹串などで取り除く。
5)3~4)をさらに2度3度繰り返す。
6)最後は重曹を加えずにかぶるぐらいの水から煮る。沸騰したら、弱火にして栗が柔らかくなるまで煮る。
7)ゆで汁を棄て、今度は栗がかぶるぐらいの水と砂糖1kg、バニラビーンズ、塩少々を入れて火にかける。
煮汁が煮詰まってトロミがつくまで弱火で煮る。(沸騰したら火を止めて自然に冷まし、また火にかけて・・・
というのを繰り返すと徐々に糖度が増してくる)
8)ブランデーを(量は好み)加える。
秋の夜長、ご興味のある方は是非やってみてください!
耳かきが好きな方はいいかも(?)

カボチャのモンブランのほうはまた後日!
ハロウィン、も何かやりたいですね。

モンブランもおさらい会ご希望の方がいらっしゃいましたら
また企画します。
口金もご希望の方がいたら、ご連絡を。
多かったらまとめて注文してもいいですね。

そうそう、おさらい会といえば、
先日のジェノワーズのおさらい会
急ですが28日の午後にやりたいと思います。
またご参加希望あれば、ご連絡下さい。

では、また一緒にケーキを作れるのを楽しみにしてます。
伊勢・鳥羽・松阪
2007年09月18日 (火) | 編集 |
東京からは行きづらいとこだから、是非
ということで、遅い我が家のバカンス(?)として一泊二日で
三重の伊勢方面に行ってきました。

日本人として一度は、と思ってた
伊勢神宮」への参拝がメインですが、
やはりもうひとつの楽しみは何といっても
「食べる」こと。

なので、伊勢志摩でなく
タイトルのような感じになりました・・・。

正確に言うと、伊勢の前に寄ったところが
それは「津」。さて何があったのでしょう?

勿論ケーキ屋さんです(笑)
どこへ行っても私はケーキです。

で、訪れたのは「ピネード」というケーキ屋さん
で、しっかりお腹に納めたのは
07-09-17_12-17.jpg

またしても、デザートが先でしたが
その後伊勢のおかげ横丁「豚捨」で
しっかり味の牛丼をおひるごはんに。
07-09-17_13-36.jpg

静粛な気持ちで(?)お伊勢参りをし
その後はお約束の「赤福」なのですが、
赤福の氷にも惹かれて、かと言ってやわやわと言われる
作りたての(冷たくない)赤福も捨てきれず、
赤福のはしご・・・。
07-09-17_16-00.jpg

07-09-17_16-09.jpg

そんなわけで、夜お腹がすくわけもなく
夕飯は旅館の近くで簡単に済ませましたー。
(ホントはてごね寿司も狙ってたのですが・・・笑)

さて、翌日、鳥羽に車を走らせて
遊覧船でイルカ島へ・・・。
恐々とイルカに触り満足げな娘(というよりパパでしたが・・・笑)

占めは松阪で「牛」です。
和田金」という名店で、すき焼きの霜降り肉を堪能しました。
07-09-18_13-48.jpg

はぁーーーお腹いっぱい。

昔の人の「お伊勢参り」はどちらかというと
道楽だったそうですが、ここまでは食べなかったでしょうね。

寒くなったら、今度は北のほうへ蟹道楽に行きたいものです!?



丹波栗
2007年09月14日 (金) | 編集 |
9月に入り、頻繁にお店でチェックしていたもの
それは「丹波栗」

京都来て早々の去年も作った渋皮煮
ですが、本番といえる今年
2週間後に「モンブラン」の教室を控えながらみつけれらず、
ネットショップでも9月下旬から10月初旬の予定、とか予約
とあるだけで、実際販売を開始してるものがなく

「やっぱり早かったかなぁ・・・」と
あせっていたのですが・・・

ありました!木曜日にたまたま時間があって
京都伊勢丹を覗いたら、2時間前に到着したばかりの
初売りの「丹波栗」
思わず「やったー!」と声をあげたら、定員さんがきて
細かく説明してくれました。

実はケーキに使うにはちょっとまだサイズが・・・。
というと、不定期ではあるけれど注文は出すので
サイズも色々出てくるし、なくなることはないというので
あわてて買い占める必要もなさそう。
「また来ます!」と笑顔で出直すことに。
(ということで、手製の栗をモンブランに乗せられそうです!)

さて、地下鉄に乗って帰ろうと思って
みつけてしまったのが、限定販売。
え?明日は「小山ロール」?
06-11-27_20-34.jpg

何々土日は、「パティスリーアオキ」のマカロン??

実は友達ママが教えてくれた
ジュバンセル06-10-13_21-51.jpg

の祇園店のケーキバイキング(一日限り、予約制飲み物つきで\1,260)が
やはり15日の土曜日に一日限りであり心揺れていたのですが・・・
またしても強い誘惑。

最近の伊勢丹さんは他に比べとても売り上げがよいそうですね。
10周年ということで、色々イベントも多い気がします。

サロンドショコラ」の時も
小山さんと青木さんのケーキとお話を堪能させていただきましたが
また食べられるなんて!伊勢丹さん、ありがとう。

一度足を運んだ新三田のエスコヤマはまた行きたいと思いながら
交通費だけで2000円以上かかるので貴重だし、

パティスリーアオキにいたっては、
パリに留学時代、一番通ってたケーキ屋さんで
今は東京で買えますが、なかったころは、送料+税金ものっかって
パウンドケーキ3個が8000円近く、という金額でも
パリから取り寄せてましたー。

そう考えると
基本的には路面店が好きですが、いいもんですね、百貨店。
今後も栗に続きハロウィン、クリスマス、バレンタイン・・・
と、うーんきちんとチェックしなくては!
&何かあったら是非教えてくださいませ
エコママキッズ9月のご案内
2007年09月11日 (火) | 編集 |
ご好評いただいてるエコママキッズ今月も行います。
mont_blanc.jpg

エコクッキングは、 「モンブラン」
     秋らしい旬のケーキ。
     お菓子作りであまった卵白、生クリームを利用して
     本格的なお菓子が作れちゃいます。
   
エコトイは、  「ことばもじあそび」
     幼児期の遊び方ひとつで
     キレイな字を書くこどもになるってご存知でしたか?

■ 日時:9月25日(火)午前グループ10:00~ 定員             
             午後グループ13:30~ 残席3名 
        いずれも2時間程度の予定
■ 場所:京エコロジーセンター3階エコ厨房
■ 対象:1~3歳のお子さんとその母親
(対象年齢以外の方はご相談下さい。)
■ 定員:各グループ10組(先着順) 
  申込は9月20日までですが、定員となり次第締切となります。
■ 持ち物:エプロン・お手拭・筆記用具・お子様用マイカップ
■ 参加費:2800円
■ お問合せ・申込先:エコママキッズ ecomamakids@yahoo.co.jp 
          
前回、前々回ご参加のエコママキッズ会員の方で
ほぼお席は満席になってしまいました。
午前をご希望だった方、ごめんなさい。
ただ、午後でしたら、ご参加いただけます。
ご希望の方はお早目に上記までご連絡下さいね。

親子エアロビクス
2007年09月08日 (土) | 編集 |
保育所の育児支援の「親子エアロビクス」に参加してきました。
15組、となっていましたが、たぶん希望者が多かったのでしょう。
随分多い親子が集まってましたー。
みんな、育児が一段落すると、自分の体型も気になるよねー

まず18歳のお子さんがいるというのが
「うそでしょう?」というインストラクターの方の若さとスタイルのよさでやる気に。
そして、「産後10年までは大丈夫ですよ!取り返せます。」
の言葉で俄然やる気に

助産院でも散々言われたけど、やっぱり骨盤。
出産で開いたままだと、内臓を守ろうとそこに脂肪がつく
のだそうです。だから、みなさん、閉めるべし!

そして動いてみると気持ちー。
独身のころ週1ぐらいでやってたエアロ、産後は全く。
でも、結構動くものですねー。なんか「うれしいよー。」という
声が聞こえるかのように、体喜んでました。

一方、動きが早いので、ついていけず「つまらん」顔してた娘ですが
抱っこしてスクワット→さらに「たかいたかい」するみたいに
娘の脇を両手でささえて前出してスクワット数回。
で、ほんとにその後「たかいたかい」をすると、も^-^めちゃ喜んでました。
16kgは、3回が限度でしたが・・・。
また仰向けに寝かせた上にママがよつんばいになり、
こどもにチューするみたいに接近して腕立て。
これも、どこの子もキャーキャー言ってました。

そんな感じで体孝行?&親子ふれあいの1時間でしたが

「なんか泣いちゃうときとかあると思います。そういう時はこれ、わきの下のリンパ刺激すると、顔の腫れとれますよ。」とか
「育児なんてあっという間に終わりますよ。すぐきちんと時間がとれるようになります。だから、今も自分に手を抜いてちゃだめですよー。」
というインストラクターの言葉、すごく心にしみました。

と、同時に、自分も教室のときに
ケーキのことはいくらでもしゃべれるのだけど(笑)
そういう言葉もたくさんかけられたらいいなぁと。
(いつも、ケーキのことだけでてんぱってしまってる私です。)
彼女みたいに41歳になったときには、余裕を持ってしゃべれるようになっていたいなー、
としみじみ思った1時間でもありました。


不在感
2007年09月05日 (水) | 編集 |
9月24日まで京都市美術館で行われている
フィラデルフィア美術館展。
行きたいなぁと思ってた矢先、

「親子特別鑑賞会」というのがあるのを知りました。
え?無料?
休館日を未収学児とその保護者に開放してくれるというのです。
これはすぐに申し込みました。

当選はがきが届きました。やったーとはがきを見ると
「ん?」「え?月曜日」
そうです、そして、9月です。
娘は夏休みが明け、初めての幼稚園日。

迷いました、実に。
始業式だけだし、休ませちゃおうかな?
でも、なんだかずる休みは嫌だなぁ。

あ、でも、もし幼稚園行きたくないって大泣きだったら・・・。
2日前の土曜日の夜、娘は幼稚園に行くことを思い出し
「さみしいのー」と大泣きでした・・・
しかし、月曜日の朝、彼女は泣きませんでした。

けろっとしてるのではありません。我慢してるのです。
泣きたいけれど、それ以上に頑張りたいのです。
親としては応援こそしても、水をさすわけにはいきません。

結局娘を送り出し、私はひとりで美術館に行きました。

だめもと、で行って、入れはしましたが
やはり、みなさん子連れで感じたのは、居心地の悪さと
「不在感」
「この絵は好きそうだな。」とか「くれよんのくろくんと一緒だ。」
とか、これを見せたい。見せたらなんてコメントするかな?って
そんなこと思いながらの美術鑑賞でした。

泣かれてるママ、早く行こうよーと腕を引っ張られてるママ
私も連れてきたら、「ひとりでゆっくり見たい。」と
思ったかも・・・。でも、よく考えるとそれができる時期って
すぐやってくるんですよね。というより、一緒に来れる時期って
案外短いのかも知れない。
それをしみじみと感じられたということで
私にとっては何よりの育児支援でした。
(ということでゆるしてください。)

迎えた娘は「ねえ、○○できる?ってっ聞いて」と私に。

そして、
「できるよ、だって3歳だもん。」と得意げに答える
というのをあらゆるバージョンで(笑)たくさん繰り返してました。

頑張ってきたんだね。
私が「不在感」をめいいっぱい感じてる間
あなたも、私の「不在感」を感じつつ、ね。
とても娘がいとおしく感じた一日でした。