プロフィール

Author:弓 陽子
ル・コルドン・ブルー
パリ校卒業

ロンドン、京都、東京にて
Boudoirブドワール
ママとこどもが参加できる
お菓子教室 を約10年間 主宰

岩手県の人気ウィーン菓子店で
一年程パティシエールを経験

現在は〜
BOOKSforCOOKS
(ロンドン ノッティングヒルに
実在するcafeであり、
教室でもある・・・
料理本専門店)

2017年に東京オープンに向け
行動中です!

いままでも、
これからも、
いつまでも、
ケーキを通して人と繋がり、
また、人と人が繋がるお手伝いをしていけたら幸せです。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 

--年--月--日(--)
スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

2007年05月29日(火)
お教室開催のお知らせ(6月)

 
お子さん同伴のお菓子教室
来月は、南国フルーツのムースを作ります。

passion.jpg


夏らしくマンゴーをメインとしたトロピカルフルーツを使って
酸味と甘み2種類のやわらかな口どけ・・・
爽やかさとまったり感を併せ持ったデザートです!

お子様は専任スタッフによる知育遊びを楽しんでいただきます。
お子さんの笑い声を聞きながら、
ママはゆっくりお菓子作りに専念してください♪

出来あがった後は、お子様と一緒に楽しい試食タイム♪
そして、作ったお菓子はお土産に。
みなさん子育て中のママばかりです。
おしゃべりも楽しみながら、お友達もたくさん作りましょう。

Boudoir Plus(ブドワールプリュス)
日時:6月13日(水)13時~ 
     19日(火)13時~      
場所:京都市伏見区深草 講師宅(竹田駅・藤森駅徒歩10分)
    はじめてご参加の方には、詳細地図をご連絡致します。
講習費:親子で4000円
定員:各日4組
対象:1~3歳児とその母親
持ち物:エプロン・お手拭・筆記用具・
    お持ち帰り容器(16cm四方・高さ10cm/実費100円でお分けします。)
申込み:1)お名前(お子様をお連れの場合はお名前と月齢も)
    2)当日のご連絡先(お持ちでしたら携帯ナンバー・アドレス)
    3)第一希望日&(可能でしたら)第二希望日
      (上記以外の日程でもご希望あればご相談下さい。)
    をご明記の上 「6月教室参加申込」というタイトルで
    
    ママとこどものお菓子教室 BOUDOIR ブドワール
    e-mail boudoirbfc@ybb.ne.jp まで、お申込下さい。
    
    追って、ご参加頂ける日時と詳しい場所をご連絡します。


※月曜日の10時~「Boudoir ブドワール」として
 保育なしクラスも開催してます。(講習費は3500円)
 6月は、11日(予備日25日)で予定してます。
 
お時間の事情でこちらをご希望の方はご参加頂いても結構ですが
基本的には、幼稚園に行ってる間のママさんや、妊婦の方、もしくは、
1歳までの赤ちゃんとご一緒の方を対象としたクラスとなっています。

ご参加お待ちしてます。

次回はブロッコリーのプリンのレシピです。
スポンサーサイト
 
 

2007年05月25日(金)
エコママキッズ第1回終了

 
20070527040035


23日の水曜日に、第1回のエコママキッズを行いました。
今回は、4種類!のスコーンをママ達と一緒に作りました。
 
メインは、有機栽培の新たまねぎを使ったオニオンハーブスコーンでしたが
ブドワールの教室で、お子様のおやつとして好評だったバナナのスコーン
少し変り種ですが、焼き立てにオリーブオイルが美味しいトマトとバジルのスコーンも一緒に。
 
これらは、いずれも砂糖、卵不使用で、国産小麦粉を(上の2つは全粒粉も)使用してます。
他、牛乳でなくヨーグルトを使っている(その方がアレルギーもでにくい)ということで
離乳食を始められたおこさまにもいいと思います。
 
そして、もうひとつは、定番のラムレーズンのスコーン。
こちらは、お約束のクローテッドクリームと、お砂糖不使用のブルーベリージャムを
添えて召し上がっていただきました。
 
教室の詳しい様子は、今回も写真を提供してくださった
オードリーさんのブログをご覧頂けたら・・・
わたしよりずっと表現力豊かにレポートしてくれてます。
 
色々家事でできるエコロジーも資料でお渡ししましたが、
今回のお菓子作りのエコポイント、は、2つ。
 
教室では、時間の関係で、おひとり1週類を全てひとりで作っていただく形でしたが、
もしひとりで何種類か作られるなら、レーズン⇒バナナ⇒たまねぎ⇒トマトの順で作れば
ボールやゴムベラなどの器具、洗わずにいけちゃいます。
洗物が少ないのは手に優しいだけでなく、地球にもやさしいのです。
 
ケーキを食べる時もそうですが、作るときも、薄いもの⇒濃いものの順に作っていけばO.K.
2色のビスキュイなども、プレーンを絞った袋でそのままチョコレート生地を次に絞ったり・・・。
エコなだけでなく、作業効率もいいですね。
 
もう1つは、ゴムベラの活用です。
お菓子作りには必需ですが、そうでなくても、
鍋やボウルの中身を綺麗にとることで、もったいなくないし、
洗うのに手間や水の節約になります。
ひとつあると、便利ですよ!
 
さて、今回おこさまには、ブロッコリーのプリンをサーブしました。
ブロッコリー?と思われるかも知れませんが、とても好評でした。
 
こちらは、カスタード系のお菓子を作る時に余る卵白の活用というのと
ジャム(スコーン好きになると溜まるんですよね、笑)や蜂蜜の空き瓶を使ってのエコロジーです。
 
長くなりましたので、プリンのレシピは、また近日ご紹介することにします。
お楽しみに!
 
 
 
 
 
 
 

 
 

2007年05月22日(火)
ストロベリーバナナムース

 
苺はそろそろ終りかけ、さくらんぼがお目見えした今日この頃ですが・・・

先月のエコロジーセンターでのアボカドのチーズケーキの教室の際、
おこさまにいちごのムースをプレゼントさせて頂いたのですが、
「レシピを教えて欲しい」というお声がたくさん!

こちらで、紹介させて頂きます。

1)苺1パックをフードプロセッサーにかけて裏ごし、220g計量。
2)バナナ1本をフォークでつぶし、グラニュー糖60gと混ぜ合わせる。
3)1)と2)、生クリーム110gを泡だて器で混ぜ合わせる。
4)別に用意した生クリーム110gを沸かし火を止め、ゼラチン10gを戻したものを入れ溶かす。
5)3)に4)を混ぜ合わせ、こす。
6)軽くとろみがつくまで、ボールの底に氷水を当てて、ゴムベラで混ぜる。
7)型に入れて、冷やし固める。

藤野真紀子さんのレシピを参考にアレンジさせて頂きました。
が、実は、慌てていて、変える予定のなかったゼラチンの量が約3倍に
なってしまいました。
なので、ゼラチンは、4.5gぐらいが、型(グラス)に入れたまま食べるなら、もう少し口どけ良いかも?
でも、「プルルンと言う食感がいい」というお声も・・・
子供も、(綺麗に)食べやすかったような気も・・・

確かに、失敗作から生まれたお菓子も数知れず?
タルトタタンや、シューも?という説も。

でもでも、形にならないこともありますー、ので、
やっぱり作る前にはきちんとレシピを読みましょう!
ハイ、気をつけます、私も。


 
 

2007年05月18日(金)
化学変化

 
「お菓子は化学変化です。」
以前教室で私が言った言葉がとても「おお!」と思った。と
先日のこれまた教室で言われました。

確かに、お菓子は化学変化です。
粉と卵とお砂糖と、それにバターと。
もちろん、それがすべて入るわけでなかったり、他にも色々材料が入ったりするけれど、
基本は、上の4つが多いかな?
そして、それらの配合、いわゆる比率が違うだけで、
クッキーみたいに固くなったり、ふわふわのスポンジになったり・・・
全く違うものになるのだから、不思議。

そういえば、「粉と卵のまほうつかい」(正確じゃないかも)というお菓子やさんがあるわ。と別のママ。
そうですね、魔法。と言った方が夢がありますねー。

そして、魔法というか、マジック、もそうかもしれませんが、
美味しいお菓子は計算し尽くされてます。
口の中に入れたとき、どうなるのか?

求める味の為に、カカオや乳脂肪やアルコールを調整する式があったりと
ホントに、化学だけでなくて、数学も?でてきます。
温度計も使うし、理科みたいですよね。(って今は生活科っていうらしいですね。)

でも、ちょっと違うのは、「心」を使うことです。

味は味そのものだけでなく、見た目、香り、触感(温度・舌・歯触り)
そして、ものによっては音によって作られます。
食べる人の五感全部を震わせるために、五感をつかって作ります。

綺麗なケーキが並ぶケーキ屋さん。
そして、数少ないけれど、
五感がブルブルしちゃうケーキにも出会いました。

それでも、そんなに計算し尽くされたわけでもない(笑)
手作りケーキがおいしいのは、
食べてもらうのが、誰かという想像上の人でなくて、
目の前にいる、そして、大事な人だからかもしれません。

食べる人は、自分のために作ってくれた、という愛情に
五感というか、心がふるえるのかもしれません。

粉と卵とお砂糖と、そして「心」入りのお菓子、ママ達と
これからもたくさん作っていきたいと思います。
 
 

2007年05月15日(火)
楽しみ

 
娘幼稚園の午後。お昼過ぎてから、思い立って祇園へ…。3時間だけのほっこり。贅沢ですね、祇園で、なんて。
ホントは知り合いで評判のタイマッサージをしてもらおうと思っていたのだけど残念ながら予約とれず…。うーんどうしよう?

お昼もまだだから、天周のかき揚げ丼?うーん、チョットヘビー
少し暑いし、鍵善良房のくずきり?
ありゃま、月曜休みだわ。
そうだ!と足を運んだのは ぎおん小森
選んだのは、こもり抹茶ババロアパフェ 1,400円!ここは、子供も一人一品注文下さいと、あり、週末家族で来るのは少し気がひけたのだ。(800円ぐらいで、結構満足なランチが食べられたりする京都。お茶の方が高いね。なんて言われそうで・・・しかも下手したら、2倍以上?)
20070516213414
運ばれてきたのは、上。何かで、「凄い盛りだくさんで大満足」と読んだのは気のせいだった・・・?そんなに大きくない、気が。あ、大盛りではなくて(風情ある店で、大食い選手権のようなのが来るのを想像していたのか?私は・・・。)盛りだくさんね。たっぷりのお抹茶もかかった,抹茶アイスから始まり、バニラアイス、バナナ、フランボワーズ(めずらしい!)、抹茶ババロア、小豆、栗、寒天、白玉、抹茶シフォン、そして、アイスグリーンティーと抹茶ゼリー。確かにー。たいそう盛りだくさんでございました。
 
 

2007年05月11日(金)
ブドワールプリュスについて

 
お問合せがあったので、ブドワールプリュスについて書きますね。

プリュス、とは何か。
フランス語なのですが、英語で言えば、「プラス」。

ママがお菓子作りをする間、隣接する部屋でお子さんを見ていただきます。
なので、じっくり取り組んで頂けます。

ただ、私も自分がケーキの講習会に出席するのに
子供を預けたことがあるのですが、
なんとなーく、罪悪感、があったのです。

それは自分が好きなことする間、
子供にひまつぶしをさせてるような・・・。

なので、自分の教室では、
子供にもなにか「プラス」になる時間を過ごして欲しいと思ってます。

そこで、幼児教育をお仕事にされていたママに、楽しく遊びながらも
「知育」に少し力を入れたプログラムを用意していただきました。

第1回目の今月は、知力テスト(1歳以上対象)も
実施してくれるそうです。
知力テスト?点数つけられちゃうの?
いえいえ、そうではなくて、
お子さんがどういう部分が優れているか?
どう伸ばしてあげたらいいか、などのアドバイスがいただけるそうです。

知育といった事でなくても
自分の子供を第三者にじっくり見てもらって意見をもらうことで、
育児がうんと楽になることあると思います。
自分の子だと甘やかしてしまう、というより
ついつい厳しい目でみてしまうことってありませんか?
でも叱っていたことも、
実はそれって見方によっては長所だったっていうのもあるかもしれません。

ケーキは勿論、
お子様の教育に、ご興味がある方も、是非ご参加くださいね。

お子さんにも豊かな時間を過ごしていただいた後は、
ママの手作り、のケーキを一緒に食べましょうね!

基本的に、火曜日か水曜日の13時からの開催になります。
5月は、16日水曜日、29日火曜日で予定してます。)

他、月曜日の10時~「ブドワール」として保育なしクラスを開催してます。
(5月は、22日で予定してます。)

時間の事情でこちらをご希望の方はご参加頂いても結構ですが
基本的には、幼稚園に行ってる間のママさんや、妊婦の方、もしくは、
1歳までの赤ちゃんとご一緒の方を対象としたクラスです。

お申込・お問合せは boudoirbfc@ybb.ne.jp まで頂けたら嬉しいです。
ご参加お待ちしてます!!



 

 
 

2007年05月08日(火)
ガトードボア

 
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
東京から友人が来てくれた以外は特にこれと言った予定もなく・・・
なかったので、急遽、奈良に行きました。

東大寺で大仏を観た? はい観ましたー。修学旅行以来ですー。
しかにせんべいをやった?昔より食べが悪かった気が・・・娘はノリノリでした。

そして・・・勿論ケーキも買って帰りました。
最近、ケーキ食べた記事ばっかり・・・毎日食べてるわけじゃないんですけどね。

さてさて訪れたのは、

ガトードボア

年明けに、情熱大陸で観た
1月22日フランス・リヨンで行われた洋菓子のコンクール「クープドモンド」
いわゆる、ケーキのワールドカップです。
どこの国が一番か、スゴーーーーイ高いレベルで競います。芸術です。

そして、日本人チームの優勝に、じわーっと涙しちゃったのですが、
一方で、18年ぶり2度目の優勝、って、
18年前の初優勝は誰だったのだろう?
と気になってました。
3名のチームで競われる、そのひとりがイデミスギノさんと知って、納得。
(神戸から銀座に移られて近くなっていたのに、いつも売り切れで
足を運んでもまともに食べられたことはない・・・ですが。)

もうひとりが、ユーハイムのパティシエさん。も、なるほどね。
残る一人・・・「?」聞いたことない。

それが、奈良の西大寺にある、このガトードボアの林シェフ。
サイトを見ると、杉野シェフのところでも出されてる
「アンブロワジー」が・・・

20070508123408.jpg


そして、もうひとつ、「ギャラクシー」
こちらは、97年メイトルドパティシエ世界選手権(ドイツ)で
味覚審査部門第1位を取った時のケーキだそうです。
20070508123252


詳しいモンタージュ(構成)は上のサイトを見てもらうとして・・・

美味しかった?もう、めちゃ、美味しいです。食べてみて!

お取りおき出来ました。夕方行ったら、もうほとんどケーキはなかったです。
他、大阪の西梅田、ハービスエントにもサロンがあるそうです。

 
 

2007年05月03日(木)
マールブランシュ

 
友達ママから「マールブランシュ
のケーキを頂きました。ありがとう。

新作2点は、ビジュアル的にも、とっても季節感があって素敵。
新緑がきれいな時期ですものね。

20070503205303


マカロンが好き、という私にと買ってきてくれたこちらは
抹茶のアーモンドクリームのタルトに抹茶のマカロン。
そして、あずきのシャンティー(生クリーム)。
(生どらも好きな私、嬉しいです。)
黒豆・白豆・栗と和素材がちりばめられ「和」いっぱいのケーキ。
盛りだくさんのパフェのような、欲張りさんにはたまらない?(笑)
特別珍しい組み合わせではないのですが、苦味と甘みのバランスがよくて
美味しく頂きました。

20070503203639.jpg


もうひとつは、「opera」と書かれてるのでオペラなのでしょう。
こちらも、3種類のクリーム使いで華やか。
抹茶のジョコンドをベースに京都らしい、オペラです。
でも、同じく、京都を感じさせて甘納豆を忍ばせた
オ・グルニエ・ドールのオペラとは対照的。
あちらはシンプルです。
そのギャップからの感動を比べると
グルニエドールには負けちゃうかな?

でも、いいケーキ屋さんです。
伊勢丹にも入ってるけど、北山でお茶する時にはいいですね。
今日、六角堂の隣のビルに入ってるのも発見。
定番のモンブランと、友達ママも売り切れで買えなかったと言う
人気のプリンも今度試してみようと思います。

 
 

2007年05月01日(火)
オーレリー

 
また買ってしまった。
20070501215257

いろんなパティスリーのいろんなケーキを出来るだけ多く食べてみたい。
(研究?というより、卑しいから?
そんな中、同じパティスリーで同じケーキを買うのは珍しい私ですが・・・

オーレリー
京都市中京区蛸薬師通麩屋町南東角 075-564-3192
11-20:30 月休 テイクアウトのみ

の エクレール・オ・キャラメル 350円
2度目の購入です。

そして、待ちきれず、つい写真を撮る前に切ってしまった。
最近、試作の時にも、厳しいことを言う夫にも好評。

家で食べたのですが、前回は実は駅で娘とかぶりつきました。
もー、さくっと、とろっと(今月のシュークリームはこれを目指します!)
今回は、さすがにちょっとしなってましたが、それでもシュー自体が
味があって美味しいのです。
(他のケーキもとても丁寧なお仕事されてる、って感じで、
是非試したいものです。
でもきっと、エクレアはまた買っちゃうだろうな・・・)

シュークリームはおなじみですが、
最近はエクレア(本格的なもの)を置いてる店が増えてきて嬉しいです。
ここのも凄く美味しい方だと思う。
でもでも、やっぱり私の中の一番のエクレアは変わらず・・・。

え?どこかって?
それは、パリのラ・メゾン・ド・ショコラです。

機会があったら食べてみてくださいね。
もー、ずっしり重くて・・・想像しただけでうっとり。
ああ、パリに飛んでいきたい
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。