ママとこどものお菓子教室 Boudoir を主宰する講師のブログ 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国しました。
2010年09月08日 (水) | 編集 |
8月28日~ロンドンへ、そして9月の1日~はパリへ行ってきました。

ロンドンは
お姉ちゃんが生後5か月の時から1年弱住んでいた想い出の場所。

でも、彼女はすっかり忘れてしまってる(というより、覚えてない)ので
小学校へあがる前に、見せたいと・・・
そう思っていったのですが、

懐かしい、というよりも、その当時、お姉ちゃんを抱っこして
頑張ってたなぁ・・・と
帰国してからいろんなことがあったなぁと
予想以上に、しみじみしちゃいました。

子連れのケーキ教室を始めたのもロンドン。

そして、なんと言っても
私の大きな夢であるbooks for cooksがあるところでもあります。

今回の旅、私にとってのメインはあくまでパリだったんですが(笑)
思った以上に感動の訪問でした。

そしてそして、パリは、うってかわってハイテンション(笑)
実質4日間で、12件のパティスリー
ブーランジェリーやジェラッテリア(アイスクリーム屋さん)まで入れると
20件行ってきました!

もちろんもちろん、夢のエッフェル塔にも
家族4人で登りました!

凱旋門にも、サクレクールも、ノートルダムも、ルーブルにも
と観光もたっぷり!

また詳細はバックデイトでアップしていきます。
よかったら見てくださいね!






スポンサーサイト
バッキンガム宮殿(ロンドン2日目)
2010年08月29日 (日) | 編集 |
IMG_5324.jpg
このバスを見るとロンドンへ来たーって感じです。
IMG_5273.jpg
実質ロンドン初日の今日は、
まずは衛兵の交代を見にバッキンガムパレス

肩車されて、ご機嫌の妹ちゃんと・・・
IMG_5275.jpg
IMG_5276.jpg
やっぱり、まだ熱がありぐったりなお姉ちゃん・・・
IMG_5304.jpg
タクシーで移動することにしました。
バギーもそのまま入れます。
対面に座ったパパがパチリ

ロンドンは基本的にすっかりパパにお任せだったのですが
行きたいとふたつだけリクエスト、そのひとつリバティー
IMG_5308.jpg
「わ、素敵!」と声をあげた私の隣で
パパは「お、怖え~」と。
確かにこどものいるティータイムでは無理かしらね(笑)
IMG_5306.jpg
そして、リバティープリントの綺麗なファブリック・・・
んー、これでティーマットや、ティーコージ作ってみたいものです。
こちらも、こどもが落ち着いたら?出来るかしら(笑)
(子供服も作ってみたい・・・気持ちだけはいつもあります。憧れます。)

買ってっちゃおうかな?と思いながら一体何メートル買えばいいのやら・・・
基本的な知識もない私は、その楽しみは次回に見送ることに
一目ぼれしたお皿だけ、ゲットして帰りました
(バレンタインに登場します!)

この後はHamleysというおもちゃ屋さんへ

Tyrrell Katzのリュックをお目当てに行ったのですが・・・
あるのはキティーちゃんだらけ
(この後のパリでもそうでした。人気なんですね。)
ということで、姉妹に本人達チョイスの人形だけ買って昼食に。

行きつけだった YOUNG CHENG(76,Shaftesbury Av)

ステーキ乗ったパリパリ焼きそばと
IMG_5313.jpg
これこれ!
Rice with roasted Dack これが食べたかったんです~。
IMG_5314.jpg

ホントはこの後もいっぱいめぐる予定でしたが
ホテル近くのスーパーマーケットWAITROSE
に寄って(寄ってというか、懐かしさで1時間超おりましたが・・・)
帰宅しました。

お姉ちゃんのお熱があがり・・・

妹ちゃんは、元気だけど、
やはり時差ぼけか夕方から寝続け。

夕食は出られず。
結局、お昼御飯寝てた彼女用に買っていった、海鮮焼きそばと
イギリスらしく?フィッシュアンドチップスを主人とつまみました。

明日はどうかなぁ・・・?
ロンドンへ
2010年08月28日 (土) | 編集 |
朝10:30発のエールフランスで
パリのシャルル・ド・ゴール経由ヒースロー(ロンドン)へ

<子連れの旅お役立ち情報>・実は2日前に、お姉ちゃんが左耳中耳炎に、しかも前日には右耳まで・・・
危ぶまれた飛行機でしたが、近所の耳鼻科で、事前に水麻酔して、切開してもらいました。
(お医者様に寄っては、止められたかなぁ・・・国内だったら中止してたかも。)
ただし、熱さましは手放せずのフライトに・・・。

・一方、初フライトで長時間どうなる?と思った妹ちゃん。
実は、主治医に抗ヒスタミン剤(眠くなるため)処方してもらいましたが
思いのほか寝てくれて使用せず・・・いまだ続けてる授乳がお役立ちでした(笑)
観たかった「バレンタインデー」他3本映画を楽しめました。

・飛行機は子連れと言うことで、最前列(3席)をリクエスト。

下に子どもを置くことはセキュリティー上ダメでしたが
あと、難点は、肘置きを上げられないことかな。
でも、実は4人ならんで空いてる席に移れますよと、CAさんから提案ありましたが
結局抱っこしてる気がしたので、若干広く、足延ばせるほうを取りました。
(ぐずった時に、なんとなく前に人がいないのは気持ち的にも楽だったかも。)

・グッズ的には、ぬり絵や色鉛筆、シールブックがやはりよかったけど
空港で買った、流行りの
せいかつの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑) (小学館の子ども図鑑プレNEO)せいかつの図鑑 (小学館の図鑑 プレNEO図鑑) (小学館の子ども図鑑プレNEO)
(2010/03/16)
流田 直

商品詳細を見る

にお姉ちゃん夢中で、お役立ちでした(重いけど)
付録つきの雑誌「○○な幼稚園」とかを買う予定でしたが
せっかくの親子時間、これ、のちのちも使えるし、正解でした。

・教室に来てくれたママから頂いたおむつパッド。

現地でもオムツは調達できるけど
結構売ってるの探したりで時間取られるし、
ロンドンは紙製品高いから持参。
(ティッシュを箱で持ってったのも役立ちました。)
数を減らせたのもそうだけど、
何より、半分はパットだけ取ればいいから、
おむつ替えが楽!なのでとっても助かりました。
ありがとうございました。ドライブにもいいですね!

・朝は早かったので、おにぎりをたくさん持参して途中で食べたのだけど
その残りが、機内食も、幼児食(2歳未満なので、ベビーフード)もまったく口付けずの
妹ちゃんに役立ちました。
旅行中も、災害避難用のアルファ米がちょうど賞味期限近かったので持参したけど
こちらもお湯だけで作れたので、よかったです。

<本日のケーキ>・トランジットの際に、シャルルドゴールの空港でラデュレを発見!
フォションダロワイユヴァローナマリアージュフレールも扱ってます。
メゾンドショコラもこの10月にオルリー空港に出来るみたい。)
もちろん・・・日本でも買えるけど(ラデュレは名古屋1周年で、心斎橋にも今月openなんですね。)
お土産に買っていくなら空港で買えるって便利だし、なんといっても、Duty Free!
マカロン3つとショコラ4つで、10ユーロぐらいって安い気がしました。
お気に入りのシトロンとローズペタル、新作とあったミモザ
早速パリを味わいました~。(素通りは出来ません・・・笑)
あ、写真取り忘れちゃった・・・でもこれからたくさんケーキ写真出てくるので

とりあえず、無事パリを通過して、ロンドンに到着しました。


夢を励ますもの
2010年08月16日 (月) | 編集 |
こちらは、ご存知「ラデュレ」のハンカチです~。
一目見て、まさに一目ぼれ!
飾っておくのもいいかなぁ?と思ったけれど
パリ記念(笑?)使っちゃうことにしました~。

ラデュレハンカチ

そして、もうひとつ。
こちらは、ママ友からの、プレゼントです。(ありがとう
Heliopoleというところのバッグ。
パリバッグ
パリの街並み・・・そして

ラデュレも!

パリバッグーアップ

そういえば、パリ留学を夢見てた独身の頃
夜景のエッフェル塔のポストカードを部屋に飾ってたのを、

そして、実際、夢を叶えて住んだパリ最後の夜
見上げたエッフェル塔がとっても眩しかったの思い出しました。

「また来るね」ってつぶやいたの覚えてます。
また、今度もつぶやいて来よう(笑)

P.S.
エッフェル塔
今の我が家のトゥールエッフェル。
これもママ友達からの贈り物。
お陰でまた本物が見られます!
ありがとう
子どもと行くパリの旅
2010年08月15日 (日) | 編集 |
この夏休み、
ハワイに親子留学している友達ママがいます。
(夢を実現されたんです~素敵ですね!)

そんな彼女が貸してくれました。
Avec ma Maman―子どもと行くパリの旅案内Avec ma Maman―子どもと行くパリの旅案内
(2005/09)
にむら じゅんこ

商品詳細を見る


何度か目のパリ、住んだこともあるけれど
やはり、子連れと言うのはまた違います~。

こどもがよろこびそうな場所
子供服、おもちゃ、雑貨、お菓子・・・
そして、なんと言っても役立ちそうなレストラン情報
(キッズフレンドリーホテルも載ってます!)

同じく読み込んでます(笑)
活用させてもらいます~、ありがとう。

もう一冊
クレモンティーヌのフランス案内―サンジェルマン・デ・プレとコート・ダジュールクレモンティーヌのフランス案内―サンジェルマン・デ・プレとコート・ダジュール
(1996/11)
クレモンティーヌCl´ementine

商品詳細を見る

こちらも気になってた本です。
ありがとう。

やはり、友達で、三姉妹を連れてアメリカ留学されてるママや
子連れでお花の教室をされてたり、カラーの勉強をされてたり・・・
夢にむかって頑張ってるママたちがいます。

とっても励まされます。
ありがとう。

そんなママ達に囲まれて、私は幸せです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。